人差し指

人差し指・・・・

人を指す指ではなく、人を差す指です。

『人差し指っ!』

ん〜

人差し指・・・・・

ん〜〜〜〜〜

【2009.07.05 Sunday 23:33】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
肌色の装身具の怖さ

を、実感しています。

肉体+α が装身具なのでしょうが、

それが、自分の肌と同じ色の時、

肉体+肉体な感じになります。

肉が伸びたのかな?

そんな気にさせてくれる肌色の装身具。

【2009.07.05 Sunday 01:00】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

老化が始まったせいなのか、何なのか分かりませんが、

クリエイトしたいと思う精神が、年々デタラメになっていきます。

年に何回か新作を創ります。

創り終えた時 燃え尽き症候群みたいになります。

ま〜 そこまでは良いのですが、

それを復活させるまでの時間が年々長くなっています。

手を動かす行為と頭を動かす行為は、まったく違います。

頭を動かす行為が億劫になってしまいます。

さ〜 次は、いつ復活するかね。

0を1にする瞬間ね。

でも、今年は色々とすることが沢山あるので、好きなだけ頭を休ませてやろうかな。

無理をさせないでやろうかな。

また クリエイトしたいと言うまで、ほっといてやろうかな。










母 『あんた! 頭使いなさいよ!』
私 『今 やろうと思ったのに・・・』

そんな子供みたいな事は、言わないようにね。

【2009.06.19 Friday 01:59】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
他人のフンドシで相撲をとる事

出来るだけ しないように思っている事ですが、

全て そんなもんで成り立っているのです。

他人と関わるという事はね。

簡単な例でいうと、

セレクトショップの取引先。

そのショップの顧客の一部を分けてもらう行為です。

こちらの供給とショップの需要が合致した事なので良いのです。

お互い様です。

その お互い様で良いのです。

でもね、

お互いの利益が成立しない 一方的な利益主義では不具合を生みます。

短い目で見ると良いのですが、

長い目で見ると全てを無くしていきます。

ヘボイヤツだとね。




【2009.06.19 Friday 01:48】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

一度 水準を下げると、それが当たり前になってしまいます。

前例と言う事でしょう。

何にでも言える事です。

商売でも、人間関係でもね。

その下げた水準を上げるのは、容易な事ではありません。

こちらは下げたつもりは無くても、相手の考えが下がっている事もあります。

それは全て自分のハンドル次第という事です。

【2009.06.13 Saturday 21:51】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged
俺 知ってるんだ

俺が何をしたくて、何に嫌悪感を持つかね

俺が何に矛盾していて、俺が何を正当化しているかね

衣食住で言えば、例えば衣

前衛的な服は好きじゃ無い

スタンダードな服が好き 

何がジャッジかと言うと、デザイナーの人

話をする事

でもね、それってビジネス的にウザイ事

それと同時に、物だけの価値意識を台無しにする行為

その人の時間を使い、利率も悪いウザイ事をしてしまいます

皆やりたい事があって、でもそれだけでは成り立たない

俺でもよく思う事

前衛的に表現したい事とビジネスとの天秤が合致すれば幸せ者

それで、良いならね

創りたい物と着けたい物が合致していない俺は思う

贅沢と言われれば、そうだろうがね

でも、そんな俺はニッチ+α位の服が好き

そんな俺なので、やっている事に矛盾を感じる事もあります

でもね

俺の、俺にしか出来ない事をやっていきたいと思う

俺の好きなニッチ+αアパレル

俺の創りたいファッキン造形物








 
【2009.06.12 Friday 23:31】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
dearanged

私にとって 0から1を生み出す時 もの凄く億劫で物凄くやりがいがあって、

物凄い時間の流れなんです。

カスタムオーダーは、その1を2もしくは5にする行為なので、時間と手間が解決してくれます。

それだけ無を有にする事は、大変な事なのです。

【2009.05.29 Friday 01:34】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
最近のマスコミの件。

思う事をまとめる言葉が出てこない状況でしたが、

この人がビンゴな事を言ってくれました。

BIG BLACK MARIA

私 一人でも救われました。



【2009.04.27 Monday 00:53】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
casta
最近 話を頂き創り始めた事があります。

初めは、『えっ?』 と思う内容でしたが、

考えれば、考えるほど内容の深さを自分なりに見出せる事が解かり、

『やります』と言うより『やらせてください』と思いました。

アプローチの仕方は、度を越す程 トリッキーです。

金で解決する事が出来ない 責任を伴います。

一般的なブランド成長論など度外視しています。

私は、物を創る事しか出来ない人間です。

極論ですが、

そこにカスタの居場所があるようにも思えました。
【2009.04.27 Monday 00:27】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
もし、私が死んだらdeafbreedは、どうなる?

最近そんな事を考えさせられる事がありまして、こんな事を考えていました。


私が始めた事 私のデザイン 私のプロダクト 私が死んだら終焉を迎えます。
自然な成り行きです。
画家が死んだら、次は無いでしょ。


組織で行なうのであれば、引退という形で引き継がれるのでしょうが、
deafbreedは私なので、そういうわけにもいきません。
もし死んでから、
スタッフ『高橋さんなら、こ〜じゃないか?』
などと考えられて、新作がリリースされたら、私は成仏できません。
他人は他人です。


もし、組織で前振り無く死なれたらどうでしょう?
誰が何をしましょう?
流れる金をどうしましょう?
誰が彼になりましょう?

彼はソレを望んでいるのでしょうか?
何も解かりません。
前振りが無くてはね。


組織を踏まえて行動しているのでしたら、
繁栄の為 努力する事は一致しますがね。


肉親が仕事に携わっているのでしたら、話は違うのでしょうか?
でも、その関係すら計り知れません。
血が通っている2世と言えども他人だからね。
新作なんて出てくる日には、疑いの目が集中します。
売れる物は、売れる時期に
売れなくなったら、売れない物に


私は、そんな考えの元 スタッフと接しています。
私は、deafbreedで骨を埋めたいと思う人とは、絶対に仕事はしたくないです。
そんな大志の無い人間と毎日顔を合わすだけで、吐き気がします。
目標の為の ちょっとした通過点として使う人に利用してもらいたいのです。

【2009.04.25 Saturday 00:43】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<<back|<45678910111213>|next>>