deranged


人間を28年間やっていますけれど、

何かを10年以上やったことがありません。

何かを10年以上思ったことはありません。

そんな年月の話をしますと、

今、何が好きなのか。

今、それを全てだと思っても、

10年後には忘れているんじゃないかな。

そう思うと言葉を選んで話をしてしまいます。

しかし、

そんなことを考えていると、今がつまらなくなってしまうので、

良いんじゃないかな。



話は変りすぎますがホームページリニューアル致します。

深夜にでも。

なので、明日プレゼント企画します。

それでは、

【2006.05.19 Friday 00:36】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


寝るのが怖くて、

何をするでもなく、家の中を徘徊します。

寝るのは難しくも簡単ですが、

起きるのは一苦労です。

起きれずにずっと寝て死んでいたら、

つまらないよね。

もっと生きて良いんだからね。
【2006.05.18 Thursday 01:22】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


自分がこのような方程式で生きているのか。

こう生きていくようになっているのか。

日常は毎日の連続なので気付きませんが、

8年前の私と6年前の自分。

6年前の私と4年前の自分。

4年前の私と2年前の自分。

2年前の私と今の自分。

考えてみますと、まったく違う自分。

過去の私は、2年後の自分を想像しているのでしょうか?

次々に起こる出来事。

そんな私にとって、2とは大切な数なのでしょう。

幼少の時から思っていました。

それは年でなくても月でも日でも個でも子でも

何にしても2なのです。

皆さんにもありますか?

そんな数。
【2006.05.14 Sunday 02:53】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged
んっ? プライド?

それは何処で売ってるの?
【2006.05.06 Saturday 02:22】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged
私かも・・・

かも1つ
【2006.05.01 Monday 01:14】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
dearanged
言葉では補えない気持ちや主張はどのように表現すれば良いのでしょう。

そんなことが沢山あります。

言葉では薄すぎて底まで観れませ。魅せれません。

私がもっと頭が良ければね。

今からでも学ばなければね。

皆さんも何かを感じた時、考えれいるだけでなく

行動に移しましょう。

言うは安し 行うは難し

行うことに全ての可能性があると思います。

成せば成るのでは?

考えの度量は人それぞれでしょうけど。

私は、天皇以外 何にでも成れるような気がします。

結果、形はどうであれ努力は人生にプラスになります。

あとは、人それぞれの温度差でしょう。

もっと言いたいことは有ります。

ヤーマン。

どう思うかは分かりませんが、もっともっと。

hot too now

ここは違うので、いつかね。









違うんだよ もっと

触れて

私も触れさせて
【2006.04.08 Saturday 01:48】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
hot too now


本日もこの広告のお話。

広告?

そうです。新聞の折込チラシみたいなものです。

私、

自分という人間と自分を取り巻く社会との関係に疑問があります。

私はピギーなのでは?

ピギーなビジネスに片足突っ込んでいるのでは?

社会と仲良くするために前頭葉を切断したのでは?

生きていく為に必要なことを汚れたことと勘違いしてはいけません。

お金って何でしょう?

無くては生きていけません。

沢山あるお金って何でしょう?

私は創造が好きなだけの胆の小さな人間でしょう。

人と話をする時、自分を皮肉ってみたり、思っても無いことを言ってみたり・・・

嫌になる時があります。




一人では社会にはなりません。

私の今ある社会を簡単に言えば、

工房のスタッフ、ショップのスタッフ、消費者。

もう少し言えば、

地金屋、工具屋、石屋 など

皆さんも私も どの位の人と接しているのでしょう。

んっ? 主旨がずれてきました。

○○○のオーナーをピギーだと思っていた私ですが、

今は、私がピギーなのでは?

と思い始めて早五年。

手を上げてから言葉を発しましょう。

hot too now



【2006.04.06 Thursday 00:44】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


ネクストファイルの純広。

Mr.pigge‘s bussiness

色々なことを皮肉った言い回しですが、

皆さん どのような意味だと解釈されますか?

そこまで観ていません。〔皆〕

ふむ、〔私〕



【2006.04.05 Wednesday 02:11】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged
すーと

過去の記憶が甦る時があります。

すーとね。

匂い、空気、温度、湿度、環境、などなど

今日もね・・・

何を思い出したのか忘れましたが、

今でも気になる記憶があります。

20年前くらいかな、

海外の人形劇で、宇宙に居るんだよね。

3人くらいいて、やっぱり1人はお腹が出ているんだよね。

金髪なんだよね。

でかいソフビの玩具が欲しかった。




あと、ネクロスの要塞が流行っていた時代。

日本のアニメで少年が小さいロボットを持っているんだよ。

そのロボットがリングで戦うんだよ。

その最後に流れる曲。



くだらない。

くだらないことだけど、何故か出てくるんだよね。

その時、何があったんだろね。

無意識の所で動いている頭があります。



誰か教えて

今日のことで何でも良いので

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【2006.03.26 Sunday 02:21】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


自分の人生を正当化する為に

子供の存在を述べる人がいます。

それは、それなんでしょう。

君は、今の自分が素晴らしい世界と言うでしょう。

何をしている自分を人に言えますか?

愛や恋など素晴らしいと思いますが、

それによって出来た子供も素晴らしいと思いますが、

と思いますが。

それだけで、君の人生を正当化するのですか?

君は何をしたかったのですか?

心の中の一人の君は何をしたかったのですか?
【2006.03.23 Thursday 01:35】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged
そんなつもりではありませんでした。

結果、そうなり苦痛しました。

物は物なんだよ。

そんなことを正直に言いたかったです。

第2者が加入すると変ることがあります。

それは1者のみではないからね。


ナオトマンとよく話していましたが、

バンドって難しいだろうなって、

エゴを持った人間が何人も揃えて、1つを創る。

私には自信がないです。

いやっ、自信はあるけれど妥協をして自信を失います。

ぶつかり合った時、私は引く人間なのでしょう。



私は幸せ者です。

ギャラリーが有るのですから、

それを、趣味の範囲内で創れたからね。

ビジネスは他でします。

売れそうも無い物が沢山あります。

そこには裸の私が居ます。

第2者に何も言われない、プロではない草野球の私が居ます。

エゴを言うことの正直でやっかいな空間です。

客を客と思っていない空間。

来るのも自由、帰るのも自由。

来てもいいけど、帰ってもいい。

たいした接客もしないし、

客と思っていないとこがあるからね。

あなたは、一人の人間。

孤立した一人なんだよ。

キブ&テイク

ギブしたらテイクする

テイクしたらギブする

イーブンなんでしょう。

なので草野球。
【2006.03.15 Wednesday 02:20】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


そう思っていることは今でもあります。

実際そうでしょう。

嘘を嘘と言わない自分。

貴方は嘘を言って私を上げていき、嘘を言わせ嘘をビジネスにします。

与える金も嘘です。

与える希望も嘘です。



解っていながら、それに従う人。

今、少なからず生きているから?

今、少なからず優越感に浸れるから?

第3者に対して上に立てるから?

第3者に対して顎で操作出来るから?



からくりは、どこの業界にもあります。

君は、何処で生きても生きれるんじゃないかな。

それは10人の前かもしれません。

あの人の下に居れば1万人の前かもしれません。

人目に映らなければ、皆は君に気付きません。



素晴らしく頭の良い人。

素晴らしいと思います。

が、共感はその次です。

自分を確実に保つことです。

○×の判断を決める時、その間に△が在るんだよね。

△の時のさじ加減が大事だと思うよ。

○になるか、

×になるか、

△の時に懸かっています。

良く行ければ、○が迎えに来ます。

そして○になります。

その○の中でまた△が来ます。

そして、一生続くのでしょう。

徐々に○△×が大きくなるのでしょう。

その時の駆け引きは莫大なものでしょう。


自分に答えを出す時、

全ての答えが貴方でしょう。





色々な人が居ます。

そして、全てが正解です。

【2006.03.15 Wednesday 01:20】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged
みなこんをなねて、

なねまわして、

ネディアという言葉ではなく、

舐め回して、

自分で言う。

言葉は定かではなくとも、

対言していきに、

その中のあねは、
【2006.03.08 Wednesday 23:43】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
derangedd
一生なんて言葉を軽く言ってはいけません。

考えは変わるものです。

責任を持って言葉を発するのです。

一生は、絶対です。

今は、今です。

人に対して今だけで良いんです。

それ以上は、軽い言葉になってしまいます。

【2006.03.03 Friday 02:32】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


朝が来て、夜が来ます。

何気ない日常の中で、

夜の持つ美と恐怖を忘れていました。

『暗くなるだけ』だとね。

慣れれば慣れたもので、ゾッともしません。

夜の中の美しさも生まれません。



非日常を過ごした時、夜を考えさせられます。

『なんて暗いのだろう』と、

『なんて星は綺麗なのだろう』と、

月の光に照らされて、全ての風景は美しくも怖く映っています。

静かな生が存在いています。

【2006.02.17 Friday 00:49】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


天秤にかける。

それを始めにするか、後にするか

その選択は大事だと思う。

道を歩く人は始めに。

道を創る人は後に。

前衛的に生きるのは、とても怖いことです。

自分と社会とのありかたを考える。

そんな人は大勢居るんだよね。

【2006.02.13 Monday 02:42】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


付随していては駄目。

付髄している人より大きくなりません。

と、同時に

付随している人が駄目になったら、もっと駄目になります。

あなたは、そうしなければいけないのです。

木を見ても、森も見なさい。

言葉では言いませんが、そう仕向けているつもりです。

もっと先も見なさい。

あなたは行けます。
【2006.02.09 Thursday 00:21】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


クレバー

何日か前、会話の中で出てきた言葉。

ずっと頭から離れずにいます。

私にはクレバーな面と、そうでない面があるのかもしれません。

物と向かい合う時、その両方が出ては引っ込み、繰り返しています。

物を創り終わる時、どちらの自分あいるのかは判りません。

大事なことでしょう。




最後にクレバーな自分が出ていたなら、企業は安泰。

しかし、心の底では悲しんでいます。

【2006.01.31 Tuesday 01:02】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


毎日、

創造と量産を繰り返す日々。

オーダーが来れば100個でも1000個でも作ります。

それと同時に創造もします。




量産がなければ1ヶ月でも休んで、創造をゆっくりしたいと思う。

私にとって天国のような暮らしになるが、

それだけでは生きていけません。

量産に追われすぎる時は、創造をする暇もありません。

どちらかに偏っては良くはありません。




昔の芸術家のようにパトロンでもいたら話は別だろうけどね。

私にはいません。

そんな自分を消したくなる時があります。

消えて、

何年も、

一生かもしれません。

  



一つの物を、一生掛けて創り上げる人生。

そんな物と会ってみたいです。

今、私の原型創りは長くて1日。

短くて30分。

その時の衝動と勢いのみで創り上げます。

その作業を30年掛けたらどうでしょう。

結果は私の頭の中だけにします。





考えたら限がない。

色々な可能性を考えてしまう。

今の私のスタンスで、今の私がいます。

そうでなければ、そんなことを考えている私もいません。

人間、贅沢な生き物です。

【2006.01.23 Monday 01:15】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


言葉にしたら言葉。

ただの言葉。

しかし、大事な道具。

人により安くもなり高くもなる。

口が達者な人は、誰にでもすぐに分かります。

行動と伴う人と、そうではない人。

雲泥の差があります。

私は、人の話を聞く力がありますが、

後者の方の話は、右から左へと自然と出て行きます。




自分という人間を他人に解ってもらいたい時、

オリジナルだと伝えたい時、



他人は君を見ればすぐに解ることです。



他人と違うことの意味。



【2006.01.08 Sunday 00:48】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


ここ1年、頭の中で悶々としていることがある。



始めは、彫金の技術を学び、形を想像し、

こんな人間になりたいと思っていました。

そんな人間に近づく途中、多くのことがありました。

今の私は、スタート地点に戻り、一からアクションを起こしたいと思っています。

ブランド活動と作家活動の違い。



始め、私は自信に溢れていました。

これを発表すれば世界が変わるとまで思っていました。

しかし、それらが動き出す時、それは私が思ってもないところでした。

需要と供給。

創造物は飛ぶように売られていきました。

私が思ってもない処で、思ってもない売られ方で。

もちろん、大きなお金が入ってきました。

デザイナーとしての心を痛め、

私は何をしているのかと、何をしたいのかと。

酒でその時の心を誤魔化す様になりました。

何年もやっていると器用になり、利口になり、知恵がつきます。

それがまた事態を悪化させる要因でした。



何故、早くその心を直視してやれなかったのかね。

私がやりたいこと

ブランド活動?

作家活動?

やり始めの時に感じていた根拠のない自信。

2005年12月17日 イベント当日

些細な一歩を踏み出せたような気がします。



【2005.12.29 Thursday 01:56】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


うなずかないで欲しい。

そんなに簡単に首を上下に動かさないで欲しい。

何を言っても、言われても良いんだよ。

言われた私は答えを述べるだけ。

良いんだよ。
【2005.12.14 Wednesday 02:20】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


地上から雲までは遠いいのだろう。

雲に触れられた人間がいるのなら、

どのような感覚なのかな。

有言実行?

そんな人間に会ってみたい。

そんな自分に会ってみたい。

これから始まること、

無理をします。

私も、デザインなど7年してきて解ります。

無理です。

なので、雲を掴む事は出来ません。

と言いますか、雲を掴む程のことです。
【2005.12.10 Saturday 00:17】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


升からの離脱

どうでも良く、良い方に考え、

社会的に、不安で、

それなりの代償を払い、

自分に近づく日常。
【2005.12.06 Tuesday 23:50】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


この活動が進む前

よく色々な所に1人で行っては、帰る日々がありました。

誰も私を求めない状況。

そんな状況で培ってきたこと。

今の私は何だろう。

ユーザーからの欲望を満たす日々?

毎日、机に向かい創造のみの日々?

それって、

何だろう?

自分?  って?






それなりに楽しく生きています。

しかし、時間が無い。

長い時間を自分のみに使うと・・・

私は贅沢になっているのかな、

無いものねだりの子供かな、

無いと寂しい、有っても寂しい。

ボーダーラインは自分で引かなくてはいけないのかな。

フリーだから良い物を創れるわけではない。

個人は個人。

その個人が好きになるのも個人。





二日前の夜面白い話を聞きました。

その方が言っていたことと主旨はずれていますが、

時間が欲しいです。

今の全ての人間の時間を止めて

自分の時間。

秋田でも沖縄でも・・・
【2005.12.03 Saturday 18:19】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


普通に生きれば、あと33年。

どれだけ楽しくも苦しい日々が続くのか。

私は自然に生きていますが、

自然に物を創り出せる日々が

いつまで続くのか。



今日、27年間生きてきて、これらを創りました。

あと33年もっと素晴らしい物を創れる可能性を考える。


明日、死ねればと思う時がある。

あくまで今日ではない明日。

仮想の時間。

それで終わりを迎えるには気持ち良くも寂しい。



やはり歳を重ね生きて

終焉なる物を創りあげなければ

な・・・



普遍的な悩み

壁が迫ると

また、振り出しに戻る。
【2005.11.28 Monday 00:43】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged
私は何かに影響を受けて生きてきたのだろう。

それは数多くあるが、

具体的に何かなど解らない。

情報が多すぎる。








小言

今の感情、心の愚痴から趣味まで・・・

自分を客観的に見つめなおすのに良いと思い

始めたブログ。

2ヶ月が経ち・・・

影響 ?

まだ、まだ、
【2005.11.09 Wednesday 00:21】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


『はー』と・・・

有って無いようなこと、それが解っていても従う人々。

どうしてこのようなことが起こるのだろう。

立ち位置の違う人間が友達のように接してくる。

それを解っていて友達のように接する。

そして、その人間は良いとこだけ吸い、ゴミ箱に捨てて帰って行く。

君は友達のような他人。

悲しいな。

私は周りの人に感情移入しすぎかな。

そんなことを考えていたら、

つまらない、どうでも良い物しか生まれないのかな。

ただ下の雑誌に思うこと。

『はー』とね。
【2005.11.03 Thursday 01:44】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


金持ちの息子が何かをした時、

これ見よがしに道楽息子と言うのはどうかと思う。

1つの特権であり

やはり、平民と感覚が違う。



こんな話がある。

パールの鑑定をする人間

やり始めの時は良いパールしか見せてもらえない。

ずっと良い物に囲まれて育った後

悪い物を見せる。

すぐに悪い物と解る。



平民である私はあまり良いものを観て育たなかった。

感覚が自然と上に行かない。

その為の努力と文化が必要。

安いメディアに騙されてはいけない。



彼らはそんなことは解っているよ。

本物が日常だからね。


がむしゃらに価値意識を持とうとしても痛いだけ。

そんな自分が好きなだけ。

メディアを鵜呑みにしても痛いだけ。

メディアは金で買えるよ。

無理は痛いだけ。

やはり日常にないとね。

文化がないとね。


んー

逆の考えも自分の中で有るので

んー

何とも

【2005.10.12 Wednesday 00:58】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
10.8
消えました
【2005.10.08 Saturday 03:08】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<<back|<2345678>|next>>