deranged

こう云うことなのかな?

云いたいことがあるのですが、皆に伝えたい時

いかに解かり易く、いかに簡単に、いかに短く。

上辺だけしか云えず、伝わりきれない内容があります。

情報には、リミットがありますし、その中で、全て伝えるのは難しいです。

空気も違うしね。

伝えたとこで何?

それを云えたかったりするのです。
【2007.09.29 Saturday 02:21】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

良い物

良い物って何だろう?

心のこもった物?
俗に言う職人が作った物?

違う気がします。

それは、お金などの代償を払ってでも個人が欲しい物のような気がします。

情報のみの話では、

雑誌に掲載している、皆が知っている物を欲しがる客。
有名な物を欲しがる客。

まったく間違っていないと思います。

雑誌に掲載されていない、皆が知らない物を欲しがる客。
俗に言うアングラな物を欲しがる客。

まったく間違っていないと思います。

そもそも、個人一人一人が欲しいと思う物は千差万別。

良い物のボーダーラインなんて要らないのかもね。



じゃー創り手側にとっては?
じゃー販売店側にとっては?

それは、また今度。

今回は情報と客とのお話。
【2007.09.28 Friday 23:32】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged
罪悪感を軽い言葉で解決したり、

自分はそんなんじゃないと 心で否定し行動で肯定する。
矛盾していましたが、

根っこから曲がっていたみたいです。

そんな根っこを先週切ってしまいました。

自尊心を取り戻す為にね。

出来るだけ、もう嘘をつきたくないです。




協力したことが、社会的に大きい所であれば大きいほど、私は付随した存在になります。

自分では、そう思っていなくても、社会はそう捉えます。

駄目だね

商業って

乗った私も駄目だったね

生活を失うのではないかと、勇気が無くて、言えなかった私への罰。

おわり
【2007.09.17 Monday 21:46】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

ふとした瞬間 自分の中に居るドライなヤツが出てきます。

人の気持ちを無視するソイツは、時々かっこ良く思えます。

生きる上で大事なヤツだと思いますが、いつも居ては楽しくありません。

猫より風来坊なソイツは、よく私に助言します。

『他人は他人 自分は自分 どうせ長くない人生なら あーだ こーだ 言ってないで、早いとこやりなさいよ』
『金のことなんて心配すんなよ 私が何とかしてやるよ』
『残された人間関係と創造は、君の仕事ですよ』

頼れるヤツなのかは解かりませんが、私は、

『ハイ』

と、言ってしまうのです。
【2007.09.12 Wednesday 01:02】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

LOVE&PEACEと軽々しく言えるようになった私は、きっとテキトーな大人になったのでしょう。

大人への階段を全速力で駆け上がり、そこに待っていた現実。

行動では肯定し、心で否定する。

そんな状況の中で、互いが歩み寄り、また違った表情を見せてくれたデタラメな世界。

とても居心地が良く、刺が無い。

全て網羅した浮遊感に満ちた世界。

『言わなくても良いんだよ』

『見れば解かるんだから』

『言葉で武装しても』

『見れば解かるんだから』



死ぬ人は死ぬ 生きる人は生きる。
心の休まる所は無く、デタラメな自分に休憩地点を求め生きて逝くのでしょう。
【2007.08.28 Tuesday 03:48】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
何か 自分なりに納得

私には、私の意思があり、物を創ります。

私には、私の意志があり、物を売ります。

他人には、他人の意思があり、物を買います。

そうなの

他人には、他人の意思があるの。

そこまで、私が関与する所では無いの。

そう思うと、私の心が少し軽くなります。
【2007.08.11 Saturday 01:10】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
dearanged

『MR.EAR LAUNDERING』

その通り『耳掃除』

deafbreedを初めて、7年になります。

時が経つにつれて、色々な声が私の耳を蝕んでいきます。

皆はどう思うのか
皆は何を望んでいるのか
本当は、関係無かった事なのです。

商売を初めたことにより、
取引相手に耳を傾けることも
エンドユーザーに耳を傾けることも
聞きたくない話に耳を向けることも
しばしば

そんな私の耳は、耳垢でいっぱいです。

そんな私の耳をあてがってやりましょう。

そんな私の耳を掃除してやりましょう。

そんな私の耳に皆は失望するでしょう。

私は、高揚感を取り戻せそうです。

ヒヒッとね。
【2007.07.01 Sunday 02:36】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged

何だか最近 反省しています。

と、言うより何だっ?

  


学生だったころ
私は、先生方の言うことを聞きませんでした。
何故かと言うと、
その意見を聞いたら、先生達みたいになってしまうとね。
自分のやりたいことで生計が立てられず、やりたくもない先生の仕事をして、
やりたいことの為にお金を使うはめになるとね。

最近、その考えを考え直しています。

それこそ、一番の自己表現をする環境かなとね。

金が絡むと相手〔出資者〕との妥協案を出しがちです。

しかし、先生は学校で働き、お金は潤っています。

お金なら どうでも良いと思えれば、妥協することなく一人でことを進めるでしょう。

他人が存在しない一人でね。

同時にお金も存在しないが、表現は無限大です。

無理やり 互いを作らず、自分を見失うことも無く。

まーどちらが良いなんてことは個人に任すとして、そんなことを考えております。

行くところ行って、次が過去から見えたのかな?

私は20代で、お金を掴み、使い、これから30歳。

これから進み来る30代。

解脱?

仕事って何だ? 
趣味って何だ?

【2007.06.21 Thursday 01:20】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
やってみなければ、解からない事。

やってみなければ、解らない事。

百聞は一見にしかず

仕事って難しい。

昔、やりたいことが無かったので彫金を始めました。

趣味は楽しいものです。

そんな私は、ある人の下 働き始めました。

2ヶ月持たなかったです。

今でも、ずっと尊敬している人です。

お会いしても、ビールが1cmしか減らないくらいの緊張と闘います。

しかし、2ヶ月持たなかったのです。

理由は言いませんが、そのころ彫金が嫌いになりました。

やってみて、解ったのです。

しかし、どうすることも出来ないのです。

そんな私は、春休みを使い旅に出ました。

新学期が始まっても帰りませんでした。

出した答えは開業でした。

他人の物を磨いて、楽しくなかったのなら、自分のものを磨いたらどう?

私の師は1人だけで良いのです。

もう、誰の言うことも耳に入りませんでした。

開業だって、やってみなくては、解りません。

思うことは誰にも出来ます。

行うことも誰にも出来ます。

結果、失敗しても、やってみなくては、解りません。

次を考えるだけです。



ヤーマン

欲に忠実に生きることは素晴らしいことです。
それが、楽に変ってはいけません。
人それぞれ、考えている規模や速さは違いますが、
経験したことしか、私には教えられないのです。
では、
【2007.05.07 Monday 22:28】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged
世の中 そううまくは回らない。

回り始めたら、止まらない。

失速しないよう、引っかからないよう、回り続ける。

そして、いつかは目が回って、自分を見失う。

自分を取り戻す為に、止まっては駄目。

自分を取り戻した時には、もう、うまくは回れない。

『そうだ、面を被ろう』

目が回っていても、他人には分らない。

そして、早いとこ黄泉の国への切符を手に入れよう。

須弥山には、私の希望があります。
【2007.05.06 Sunday 02:47】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged
他人のフンドシで、相撲をして恥じらいをもたない人間。

そんな次元の元に居る自分が素晴らしいと思う人間。

貴方は世間でたいそうな人間なのでしょう。

 
貴方の肩書は、それだけですか?


でしたら、私は貴方と会話をしたくはありません。

一方的な勘違いでは、会話は成立しません。

貴方とでは無く、私と肩書の会話です。

そんな肩書を得た貴方は素晴らしい。

しかし、その次元で私は貴方と会話をしたくはありません。

私は貴方となら会話をしたいのです。

貴方は誰ですか?

【2007.05.02 Wednesday 01:31】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged

ひねれば出てくる物。

身近に存在する大切な生の道。

あたりまえになると、求めることを忘れてしまいます。

本当に大切なこともね。
【2007.04.30 Monday 01:37】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged

自分の頭だけで解決しようとしていることは、
まったく解決出来ずに、疲れて終ってしまいます。

自問自答です。

他人に言うのも おっくうになります。

捉え方の違いです。

話し合って 折り合いをつけて ハッピーに終らせたくないことがらです。

なぜ 生活しているの?

状況って何?
【2007.04.29 Sunday 01:38】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged

考えが若くなったのか、次に見据えた生き方があるのか、解らないでいます。

デザインを始めたころは、他人なんて関係なかった。

人の言葉を使わせていただけるなら、これこそ自慰行為だった。

それを、他人と共有するようになり性交渉に変った。

月日が流れ、性交渉も上手くなった。

共有が上手くなった。

そんな私が次に思ったことは、自分に対する究極を自慰行為で求めたくなった。

性交渉を知り、良いこと悪いことだけでもないことを知り、

その上で自慰行為をしたくなった。

究極の性交渉は、私の心が許せないと言い。私には向いていなかった。

最近は、扉を閉めて究極の自慰行為をしています。
【2007.04.13 Friday 01:17】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
dearanged


お坊さんの話を思います。

師の元 修行をし、

ある時言ったんだよね。

『師ーーーー無になりました』とね

そして、言われるんだよね、

『そんなことを考えている人間が、そんなこと言える人間は、無に達していない』

『渇ーーー』とね。

そして、私は思うのです。

無に達した人間は、人間では無く、無なんだとね。
【2007.04.12 Thursday 03:08】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


世の中を変えられると、本当は思っていません。

でもね、

文化を創ることは、出来ると思っています。

一つの小さなことから、大きなことまで。

大きくても世の中ではありません。

繋がり、繋がれば不可能ではありません。

でもね、思ったんだ。

そんなことばかり考えて生きてきたのか?と

そんな煩悩が働く限り無にはなれません。

他人を思っては、一人にはなれません。

他人に同意を求めた時点で、一人にはなれません。

他人と私の関係がある限り、一人にはなれません。

共存と孤立

大きな流れには大きな付属品が付いて回ります。

無になることに、他人との共存は存在しません。

無になることに、生活が追いつきません。

そんな煩悩が在る限り、私は無になれません。
【2007.04.11 Wednesday 00:43】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged

私にとって趣味を仕事にすることは駄目だったのかな?

根本から造形への意識が薄れています。

これをすれば、こうなるなんて、

方程式は本当はいらなかったのかな。

昔を懐かしむなんて馬鹿のすることかもしれませんが、

体が追いつかないだけで、頭の中にある100も1000もある可能性を純粋に信じていた。

純粋に形に向かい合っていた。

知らないからこそ思えること、出来ること、

そこに、純粋なる美が存在するのでは、

次に繋がる何かがね。

【2007.04.05 Thursday 03:43】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


私も皆も

時が移れば

想像上の生き物なのです。

何人いるのか分かりませんが

その中の一人にすぎないのです。
【2007.04.04 Wednesday 02:19】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


他人に理解されたら、自分が終るような気がしてしまうのです。

しかし

世に存在する一部でも 理解したふりをされなければ 売れないような気がしてしまうのです。

どーする 高橋?

臭い物には蓋をしろ?

そーだ これは、フィクションだ。
【2007.04.03 Tuesday 00:26】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged

日本は自由と言えど

やって良いことと悪いことぐらい有ると思います。

仕事をしていますと、あくまで仕事に関してのことです。

私にとって どうでも良いと思われることが多くあり、多く起こります。

仮想意思の押し付け

仮想意思の共感

仮想意思の孤立

仮想意思の離別

仮想意思の暴走

私にはどうでも良いのです。

想像することは、人間にとって 次に繋がる大切なことですが、

立ち位置の違いです。

私は何も言いません。

右から左へと流すだけです。

時を失いながら・・・
【2007.04.02 Monday 00:51】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


最近、劇的に我が侭になっていきます。

自分で自分が理解してやれません。

自分放棄したくはなりませんが、 

何を考え出そうとしているのか?

結果に何を求めているのか?

知りたいです。

正とか悪とか見つめる次元ではない、根本までアホになりつつあります。
【2007.03.23 Friday 00:34】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
感謝の気持ち

本当に思っていないことこそ軽く言葉に出来ます。

本当に言いたい人にこそ言葉に出来ません。

私もやはり日本人です。

言葉に出来ない分、罪悪感に繋がります。

申し訳ない気持ちになります。

私は妻に思うのです。

毎日、遊んでいるような私の生活。

そのまま遊んでいても生きられるでしょうが、

自己管理が、私には出来ません。

自分を管理出来ないのです。

アーティストにありがちと言えば話は終ってしまいますが、

欲が欲を生み、膨大に膨れるのです。

それに、歯止めをかけることは、アーティストを殺します。

しかし、そのような生活では先が観えます。

私がどのような人生を歩みたいかによりますが、

この歳になっても死んでいないのは、妻のおかげだと思っています。

どちらが良いのか?

一般社会から観て、

やはり私はおかしいです。
【2007.02.22 Thursday 02:45】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
冬眠


冬眠とは、素晴らしい体の仕組みです。

四季を感じて体が順応する。

1.5倍の蓄えが必要となりますが、支出が0に出来ます。

売れない時は、動かない。

売れる時に、動く。

合理的

冬眠

冬眠中に刺客に襲われたら、死ぬしかありませんけどね。

何か、動物社会も人間社会も同じように見えてきます。

構造と資質の違いなのかな。
【2007.02.15 Thursday 03:24】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged


人間は、理性があり、考える力もあるから思うのかもね。

食が死と生に関わる大切なことも、

死を見せないから、生に対する素晴らしさも見えてこない。

しかし、そちらの方が合理的なのでしょう。

実際、今の状況が現実です。
【2007.02.14 Wednesday 01:32】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
露出を考えます
前回のderangedを書き、沢山の人からメールが来ました。

言葉が足りなかったのでしょう。

私は、媒体に出ないのではありません。

出ることにより語弊を招く、
伝えたいことが、伝えきれない、
便乗している私が許せない、

そんな掲載の仕方は、もうしません。

ビジネス面では、よろしくない結果が待っているかもしれません。

重々承知です。

媒体に対し失礼なことかもしれませんが、やりたいことをやりたいと思います。

スポンサーにでも、何にでもなってね。

悪を正義にしてまでもね。
【2007.02.09 Friday 02:25】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
露出を考えます。


露出を考えます。

テレビや雑誌などの情報を何気なく見ている人が大半だと思います。

生きるうえで、誰しも何らかの影響を受けており

それは、無意識の中に浸透していきます。

それが、CMなのかもね。

車のCMを1時間流しても、見る人は少ないでしょう。

ですので、番組{編集ページ}があるのでしょう。

その番組{編集ページ}を作るのは制作会社{編集部}です。

それに露出している私の仕事ではありません。

私は、情報をリースし制作会社{編集部}の作ったフォーマットに載せるだけです。

良い番組{編集ページ}を作れば、視聴率{部数}が上がりスポンサーも満足します。

それだけ多くの人に見てもらえたらね。


そんな上辺だけを見ていると、

私は、コンビ二おでんの出汁のような気持ちになります。

おでんを買ってくれた人に平等に配られます。

まーそれは、上辺だけの極論です。

番組{編集ページ}こそビジネスチャンスが多く存在します。

スポンサーになるほど、お金が掛かりません。

逆に、お金をくれたりします。

制作会社{編集部}のフォーマットになりますが、商品の宣伝が出来ます。

視聴率の良い番組{雑誌}でしたら、売り上げも上ります。



私は、今まで利用してきたつもりでしたが、

利用された面もあります。

お互い様です。



しかし、それでは伝えきれないこともあります。

当たり前の話ですが、番組{編集ページ}の企画に便乗するだけです。

伝えきれないのであれば、やらない方が良いのでは?

そんなことを最近考えております。

贅沢になったのでしょうか?

本当にそんな気がします。



世の升を掴むことが、一般商売には大切なことです。

それに背を向けることは、まだ出来ていません。

しかし、升の前に立つ時、100%の世界を魅せれる様に生きたいと思います。

その為には、私がスポンサーになるべきだと思いました。

そしてスポンサーになれない、ならない媒体に載せることをやめようかと思います。



私の店を媒体とし、そこでしか読めない情報誌{情報店}を一人で創らなければならないと思います。

それが、100%の情報です。

悪も正義になれる片寄った情報です。



【2007.02.04 Sunday 03:44】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged
作家になりたかった話の続き

私は、ただ銀を売っている訳ではありません。

銀自体の価値なんて解るでしょう?

しかし、それはインゴット形状の価格です。

私は、造形がしたかっただけで、

マテリアルは何でも良いのです。

銀で作る以上は、銀の性格を1から学びましたけどね。

では、価格の違いは重量が重いから?軽いから?

それは違います。

一つの要因は、手間です。

小さくとも手間が掛かる物は高いです。

大きくとも手間の掛からない物は安いです。

それ以外にも考えるべきことは沢山ありますけどね。

先に言いました通り、マテリアルの価値は調べれば解ることです。


そんな中で、じゃーこのリング幾ら?

そんなことを考えますと、一般常識内の考えをするでしょう。

上代が安ければ、若い層も飛びつきやすいし、

安く広い宣伝をすれば、一般常識人が飛びつきやすいし、

そんなことをしていますと、頭が悪くなっていきます。

頭悪いです。

心の声かもしれませんが、
人に言える声ではないかもしれませんが、
私のやっていることの裏返しかもしれませんが、

器用に生きようとした私への罰です。

これで私は金儲けをしました。

根本を考えると馬鹿馬鹿しいです。

根本を考えられただけ救われます。

頭が悪いと言える私が居ただけでも幸なことです。


そんなことを書いてましたら自分を正当化したくなってきました。


サラリーマンじゃない私は、情報を巧みに操作して生きているのです。

消費者の為に生きていません。

それで良いんです。

私は、純粋な方です。

だから、あっちに行けないのです。

だから、どうでも良いことで罪悪感が生まれるのです。


話が反れましたので、本題に

作家になりたかった。

常識が無いように魅せて、本当は必要以上に常識がある人。

必要以上に常識があるからこそ、常識人を動かす術を知る人。

常識人と駆け引きすることに疲れた人。

心の声がかすれてきている人。


そんな状況なら、安い情報が無い世界で生きたい。

本当に見える人にしか見せたくない。

パトロンが付く状況です。

その代わり、心の声に正直に生きたい。

1年に1個。

まー夢の話です。

今の状況を考えますと難しいでしょう。

難しいと思うから、駄目なのです。

1度だけの人の命。

無理を承知で徐々に頑張りましょう。


















【2006.12.16 Saturday 04:20】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
dearanged
俺は要塞が創りたかったんだよ

要塞で作家になりたかったんだよ

こんなビジネスしたくなかったんだよ

解るか?

自己が泣いてるんだよ

金が欲しかったのか?

生活が欲しかったのか?

今を一生 生きたかったのか?

思い出さなければ 行けない 事実があるんだよ

おまえは何がしたかったのか?

1にも行ってない時の、0のおまえは何がしたかったのか?

1が出来た時、欲の連鎖が始まったんだよ

2に行った おまえは忘れようとしたんだよ

一番大切なことを

渡してはいけない事を 渡してしまったんだよ

3になりたくて

そうだろ?

解った今

今こそ 取り返す時だろ

自己を認める為に

行動に起こさないと 一生 今だ

今 以下だ

贅沢貧乏だろ

金は持ち合わせている

心は泣いている

そうだろ?

こんなんじゃないだろ?

甘い歌を聴いている時じゃないだろ?

今の おまえは

【2006.12.09 Saturday 03:41】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
2006.12.7
只今、帰宅。

いつもは、賑わっていますが、今日は、違います。

妻が入院しまして、子供は実家に、

それでもって、今日出産です。

あと、8時間後と思いますと、不安やら何やらで眠れそうにありません。

眠れなくても、明日は来ます。

そんなことなのでしょう。
【2006.12.07 Thursday 03:27】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
deranged

イベントも近くなり、重曹にて作品を磨くことが多くなりました。

擦れど、擦れど終らない。

どうすれば、こんなに創れるのですか?という量。

個人の限界です。

彫金を始めて8年。

8年もすれば、こんなに創れるんですね。

と同時に、私はあと何年生きるの?と思いました。

社会に縛られていなさそうで、縛られている私の現状。

社会に縛られていそうで、縛られていない私の現状。

新作の納期?

それこそが、このような現状になった理由かもしれません。

ただただ物が増え、ただただ過去が増えていく。

まーそれも良いでしょう。

【2006.11.27 Monday 00:39】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<<back|<12345678>|next>>