ブログ

ブログって 始めは情報手段だと思っていたんだけど、

前回のブログを見ると分かるんだけど、自分の状況の共有のように見えます。

そして、提供する側が 段々過度になっていきます。

だって、そんな埋没がピンチな状況で、冷静に写真撮れないでしょ。

表現手段が変な方向に進んでいるのかな?
それは、もしかしたら『依存症』の入りかな?
私の仕事の一つになっているのかな?






私は、こう考えているんです。

TVでいう事の 番組を作る感覚です。
視聴率が良ければ それだけ多くの人が見ます。
その中にCMが入るのです。
そのCMこそがdeafbreedなのです。
新作リリース イベント 媒体情報 などなど・・・・・・

そう捉えています。

【2010.04.20 Tuesday 09:35】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
dearanged

もう誰の声も届かない所に来てしまったかもしれない



そう思っているだけかもしれない

子供の頃 やったでしょ?

自分でレンガの色を決めて、その上しか歩けない

でも そのうち その色のレンガが無くなり そんなルールを忘れたフリして 違う色のレンガの上を歩いて家路に着く

死せる野望の悲しき残映

【2010.04.16 Friday 01:17】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
当たり前のように思ってしまう事柄


また この本出てきちゃいました。

読んでいると、ホームレスになった人達は口を揃えて『会社に裏切られた』と言うんです。

就職して会社に勤め、要らなくなったらクビだとね。

『就職って 人生において そんなに絶対的なワードなのかな〜』 とも思います。

もちろん私には分からない言葉なんだけどね。

『要らなくなったらクビ』 凄く分かりやすいもんですね。

私が考えた歴史なのですけれど、

就職〔生涯の絶対的な生活?〕なんて言葉が出来たのなんて、戦後から たかだか60年の歴史なんじゃないかな?

そんな60年の薄い歴史に絶対的な幻想を抱く方がアホなのでは? とね。

仕事が減れば、会社が傾きます。

それを時代のせいにする人もいますけれど、何かのせいにしても何も始まりません。

デフレや円高・貿易もペリーが黒船でやってきてから、まだ160年しか経っていないのです。

長い歴史の中で考えれば、昨日の話です。



今の世間の常識なんて、そんなもんと捕らえていた方が気が楽ですな。




【2010.04.14 Wednesday 00:07】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

最近も金縛りに会う事が多いいんだけど、

気付くか 気付かないか の違いなんだよね。

頭が気付かなければ、呼吸が苦しいだけの話で、無理して覚める努力をするんです。

もし、頭が気付いたら話が違います。

呼吸が苦しいのは、無意識の中に居るのでしょうがないのです。

しょうがないと思えれば、呼吸も楽になり、次の世界に冷静に進むのです。

自分の頭が抱えた、次の世界なのです。

こんな事を言うとね・・・・・


本当なんです。

【2010.04.10 Saturday 00:50】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged
 私は確実に大人になってきてるのが解かります。

一時期は、住み分けをしようかと悩んだ時期もありました。

もちろん今でも、その悩みが尽きませんが、

より確実に物事を考えるようになりました。 

昨日 ショーを見ていて思いました。

商品は商品

作品は作品

自分なりにね。

このモヤモヤが 頭を悩ますのです。

それは、商品プロデュース手段にも言えます。

でも本当は、そこなのです。
【2010.03.25 Thursday 01:34】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged
 堀切のギャラリーが何とか始動出来そうで、

ナオトマンも始動出来そうなので、

私は、もうそろそろ裏方に回ります。

本来に戻るわけです。

人と会わずに 製作に没頭する毎日です。

邪念と言っては失礼ですけれど、あまり人と会わない方が 自分が出せます。

今期は、新作が出来上がりませんでした。

どうしても、出来なかったのです。

0から1の作業です。

その代わり、カスタムアイテムは沢山創りました。

1からωの作業です。



4月から また 生活が一変します。




【2010.03.12 Friday 23:58】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
やっぱり そうなるのね。

こんな時代になったものだから、こんな事になるんだよね。

でも、それは淘汰される基準になるんです。

タカリみたいな人間が増えて困ってます。

友達面で歩んできたり、友達だと思っていた人間が豹変します。

私は、一線を越えないように言葉では見繕うのですが、相手は切羽詰ってます。

その他、金を奪おうと思う人間もいっぱい来ます。

も〜 嫌になっちゃいました。

私は、人に金銭問題に対して、とやかく言わないのですが、

その代わり、その人間を一生 そうとしてしか思わなくなるのです。

自分も時としてありますが、

その

あわよくば精神!

【2010.02.20 Saturday 00:53】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

今の私には、大きな穴が ポッカリと言うより ドッシリ開いています。

時間の経過や 様々な出来事で強引に閉じようとしても、

次から次へと、また矢が刺さってきて、

また開いてしまう。

自分の責任内の事なので、自業自得なんです。

【2010.01.31 Sunday 02:33】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
アディオス

エキセントリック マーマ

来世でも また オレを産んでくれ

【2009.12.28 Monday 02:06】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
私は、

23歳で一気に金持ちになったんだよね。

ソレまでの価値観が拭えなくて、色々な事を言ってました。

今でも、拭えない過去です。

何が自分に大事な事?

もっと、心が乱暴だったら良かったと思います。



小金持ちのバカバカ祖業も解かりましたし、



あ〜 酔っちゃったよ。

また 後日・・・・

【2009.12.26 Saturday 01:56】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
今年の目標!

今年の目標が定まった時、浅草 浅草寺に行きました。

正月ですね。

そして、ダルマを買いました。

左目は、怒っております!

右目は、泣いております。 

しかし、まだ右目は描いておりません。

達成したら、描こうと思います。

そんな日まで、あと一週間なんだよね。

グダグダ生きてちゃ駄目なんですよ。

【2009.12.06 Sunday 04:22】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

今日は、本当に楽しかったんだよね。

こんな一言を聞いてね。

『小さくやっている者は、大きくやっている者と違って、表現の自由が利く!』 とね。

芸能人などが着けると、それで宣伝効果になりますが、その世界であって、他人の世界なのです。

相乗効果で、売り上げは増しますが、それはソノ人の需要なのです。

小さく起業しているのならば、自分のデザインを もっと 主張して、ギリギリで

あ〜 酔っちゃったね。

さっきまで思考能力万全だったんだけど、

今は、もうダメだ

チャオー

【2009.12.03 Thursday 00:04】 author : motohiro takahashi | deranged |- |

って良いな〜 と思います。

伝えたいワード〔言葉〕とリズム〔状況〕を創り上げる事が出来ます。

その分 ワードだけじゃ駄目でリズムだけでも駄目な難しい事です。

でも、日本語以外の言葉で言われても分からないので、リズムのみになってしまいます。




何が良いのか分かりませんが、何をしたいかなのかな?

私が言う言葉には、伝わるリズムが千差万別です。

状況まで創りたいと思ってしまうのは横暴だね。





【2009.11.13 Friday 00:06】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

ここ5年位 人前で自分のやっている事の主義主張を言わなくなりました。

同じ土俵に居るのが、嫌になったんだよね。

それ以来 人前に出る時 自分の主義主張を棚の上に置いて ピエロになるようにしています。

人の嘘が嫌でしょうがありません。

誰の嘘でも嫌な訳ではありませよ。

真剣に生きている人間の嘘が嫌なのです。

真剣に生きている人間の嘘は、すぐに分かるんだよね。

プロじゃないから、詰めがあまいのです。

【2009.09.09 Wednesday 22:24】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

本日は、学生時代の恩師に会いに、西荻窪のアトリエに行ってきました。

その会話の中で考えさせられた言葉です。

学生の頃や 中退の頃などは、クリエイトしたい事が嵐のように降って来て、作業が追いつかない状況でした。

そんな中 人から 『デザインが思いつかないんだ〜』 などと相談されたら、

私 『信じられない・・・・   死ねば・・・・・』 などと思っていました。

ま〜 そんな感じだったのです。

それから10年・・・・・

途中途中に、食えるようになったりとか お金をより多く稼げるようになったりとか アル中になったりとか 騙されたりとか 様々な事がありました。

今の私はどうでしょう?

今の私は、deafbreed を伸ばす作業が億劫になってきています。

何で そんな事を思ったかというと、

新作を創らなければならない時期にならなければ、創ろうとしないのです。

趣味がビジネスになり、私を圧迫していきます。

当時の自分に見せてやりたいです。

『こんなの間違っているかな?』 とね

何と言ってくるでしょう?





生活する為に金を稼ぐのです。

金を稼ぐ手段は無数にあります。

何も趣味で稼ぐ必要はないのです。

金を稼ぐという事は、社会に認められる事です。

自分勝手で社会が付いてくるのならば良いのでしょうが、

お互いの歩み寄りが必要な人間が殆どです。

そこで何を思うのか? そこで何をするのか?

選択幅は無数です。

その中の それを自分で選んだのです。

頭では、解かっているのです。






恩師からのフォローの意見で、

『10年ワンクール終わって、もう頭がこり固まっているんだよ』

解からないでもない・・・・・

当初しようとしていたクリエイトを全てやり終わったのでしょうか?

『フロンティア精神をもって、違う事をするのも良いのでは?』

凄く解かります。

今の自分は、少ない可能性に、少ない情熱を注ぐ事が出来るのか?

10年やっていれば、計算だけは上手になっています。

でも それなんだよね。





情熱と金を天秤に掛けた時、もう負けないぜ!

同じ事をすれば、またあのワンクールだぜ!

【2009.09.03 Thursday 23:12】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

昔と言うよりは、ちょっと昔のマス音楽を聴くと、

『アレ〜』 と思っちゃうんだよね。

当時は、そんな事 思わなかったのにね。

時代なのでしょう。

昔の音楽で、今でもよく耳にする音楽は、普遍性を感じます。

ちょっと前のマスな音楽に対しては、その時代を反映した声に思えます。

そんな事を言われたインタビューを読みました。

細野晴巨
『80年代 90年代につくった楽曲を 今の時代風につくり直す気は無い』
『アレは、時代なんだ』

時代と普遍の違いを自分なりに納得しました。

自分のやっている事に置き換えたりしてね。

【2009.08.15 Saturday 23:16】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
水風呂入って、サッパリしたぜ!

嫌だと思うなら、自分で変れば良い話だぜ!

【2009.07.18 Saturday 02:18】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
dearanged
 私は、心底フラストレーション全快な人間で、

自分の事しか考えられない人間なのです。

きっとね。

だから、いつも自分が嫌だと思う事を、

なんの悪びれた事も無く、加藤さんに言ってしまうのです。

その心理って、私にとっては、本当の事なのでしょうが、

本髄を見ていない行為です。

自分も、重々分かっているつもりなのですが、

本当は、分かっていない事なんだと気付かされます。

夜になると、すいませんな気持になりますが、

次の日 忘れてしまいます。

そして、ずっと忘れてて、ふたした時に、また言っているのです。

『社会の全体的な事を考える』 風な事を言われているような気がします。

加藤さんは、言葉で何も言いませんがね。

自分の矛盾ってものを気付かせてもらえます。
【2009.07.18 Saturday 01:45】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deaf breed
 私の deafbreed って何年か前から完結を向かえようとしてたんです。

ナチュラルでは無く、強引にソースを持って来始めた時からね。

deafbreed って思うと10年の歴史があるし、

過去から現在もやり続ける頭の大変さもあってね。

安易って行為は、色々な可能性がある行為だと思って、

少しずつ取り入れて行こうと思ってたんです。

もちろん それは安易なんだけどね。

そんな事をする事によって、自分の気持に自信を持ったり、

私は、これだけじゃ無いんだ と主張もしたくてね。

しかし最近 安易な行動の方が楽しくてしょうがないのです。

今まで抑えていた事があったのかね。

あったんだろうね。

そりゃー 人間だもん。

ま〜 違うや!

人それぞれです。

でもね。 deafbreedをやっていて楽しい事だって、いっぱいあります。

ちょっとした事での、大きな膨らみ。

それが、あると辞められません。

それは、deafbreedでの頭にしか出来ない事なのです。

ナチュラルな頭では、流される事です。

ピーン と張っている頭にしか出来ない事です。

ピーン を戻そうと思いましたが、

今は、ナチュラルに洗脳されています。

そのうち私の頭が、 ピーン欲が戻ったら ピーン とします。

きっと ナチュラル欲も進めば、嫌になると思うからね。

そうしたら、真逆に行きたがるのが、高橋の性です。

どちらが良いのかなんて私が決めれば良い話です。







【2009.07.18 Saturday 01:08】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
私の家計簿

家に入れる金が50万くらい。

事業で使う金は無限大です。

私自身の個人的に使う金は、さほどありません。

個人的に買いたいと思う物が、そんなに無いのです。

服なら、メーカーさんがくれます。

欲しいと思う服なら、買いたいのですが、そんなに無いのです。

でもね、

それと出合った時は、速買いです。

そんな事 あまり無いのでね。

ここ何年 物欲が薄れています。

収集癖も薄れています。

唯一の出費は、飲みだけです。

物では無く、思い出には金を惜しまず使います。

それも忘れるんだけどね。

時には、それ自体もね。

そんな感じで、今でも所有している物があります。

『らくれん』

これは、皆で旅館?に泊まった時の朝ごはんに出てきた物です。

皆の分も奪いました。

何故そんな事をしたかと言いますと、

賞味期限が、私の誕生日だったからです。

『来年の誕生日に飲もうかな』 と思っていましたら、

中央の『らくれん』が、どす黒くなってきました。

『これを飲んだら人間としての尊厳を失うのかな?』

ま〜 ま〜 です。

【2009.07.08 Wednesday 23:53】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
人差し指

人差し指・・・・

人を指す指ではなく、人を差す指です。

『人差し指っ!』

ん〜

人差し指・・・・・

ん〜〜〜〜〜

【2009.07.05 Sunday 23:33】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
肌色の装身具の怖さ

を、実感しています。

肉体+α が装身具なのでしょうが、

それが、自分の肌と同じ色の時、

肉体+肉体な感じになります。

肉が伸びたのかな?

そんな気にさせてくれる肌色の装身具。

【2009.07.05 Sunday 01:00】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

老化が始まったせいなのか、何なのか分かりませんが、

クリエイトしたいと思う精神が、年々デタラメになっていきます。

年に何回か新作を創ります。

創り終えた時 燃え尽き症候群みたいになります。

ま〜 そこまでは良いのですが、

それを復活させるまでの時間が年々長くなっています。

手を動かす行為と頭を動かす行為は、まったく違います。

頭を動かす行為が億劫になってしまいます。

さ〜 次は、いつ復活するかね。

0を1にする瞬間ね。

でも、今年は色々とすることが沢山あるので、好きなだけ頭を休ませてやろうかな。

無理をさせないでやろうかな。

また クリエイトしたいと言うまで、ほっといてやろうかな。










母 『あんた! 頭使いなさいよ!』
私 『今 やろうと思ったのに・・・』

そんな子供みたいな事は、言わないようにね。

【2009.06.19 Friday 01:59】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
他人のフンドシで相撲をとる事

出来るだけ しないように思っている事ですが、

全て そんなもんで成り立っているのです。

他人と関わるという事はね。

簡単な例でいうと、

セレクトショップの取引先。

そのショップの顧客の一部を分けてもらう行為です。

こちらの供給とショップの需要が合致した事なので良いのです。

お互い様です。

その お互い様で良いのです。

でもね、

お互いの利益が成立しない 一方的な利益主義では不具合を生みます。

短い目で見ると良いのですが、

長い目で見ると全てを無くしていきます。

ヘボイヤツだとね。




【2009.06.19 Friday 01:48】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged

一度 水準を下げると、それが当たり前になってしまいます。

前例と言う事でしょう。

何にでも言える事です。

商売でも、人間関係でもね。

その下げた水準を上げるのは、容易な事ではありません。

こちらは下げたつもりは無くても、相手の考えが下がっている事もあります。

それは全て自分のハンドル次第という事です。

【2009.06.13 Saturday 21:51】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
deranged
俺 知ってるんだ

俺が何をしたくて、何に嫌悪感を持つかね

俺が何に矛盾していて、俺が何を正当化しているかね

衣食住で言えば、例えば衣

前衛的な服は好きじゃ無い

スタンダードな服が好き 

何がジャッジかと言うと、デザイナーの人

話をする事

でもね、それってビジネス的にウザイ事

それと同時に、物だけの価値意識を台無しにする行為

その人の時間を使い、利率も悪いウザイ事をしてしまいます

皆やりたい事があって、でもそれだけでは成り立たない

俺でもよく思う事

前衛的に表現したい事とビジネスとの天秤が合致すれば幸せ者

それで、良いならね

創りたい物と着けたい物が合致していない俺は思う

贅沢と言われれば、そうだろうがね

でも、そんな俺はニッチ+α位の服が好き

そんな俺なので、やっている事に矛盾を感じる事もあります

でもね

俺の、俺にしか出来ない事をやっていきたいと思う

俺の好きなニッチ+αアパレル

俺の創りたいファッキン造形物








 
【2009.06.12 Friday 23:31】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
dearanged

私にとって 0から1を生み出す時 もの凄く億劫で物凄くやりがいがあって、

物凄い時間の流れなんです。

カスタムオーダーは、その1を2もしくは5にする行為なので、時間と手間が解決してくれます。

それだけ無を有にする事は、大変な事なのです。

【2009.05.29 Friday 01:34】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
最近のマスコミの件。

思う事をまとめる言葉が出てこない状況でしたが、

この人がビンゴな事を言ってくれました。

BIG BLACK MARIA

私 一人でも救われました。



【2009.04.27 Monday 00:53】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
casta
最近 話を頂き創り始めた事があります。

初めは、『えっ?』 と思う内容でしたが、

考えれば、考えるほど内容の深さを自分なりに見出せる事が解かり、

『やります』と言うより『やらせてください』と思いました。

アプローチの仕方は、度を越す程 トリッキーです。

金で解決する事が出来ない 責任を伴います。

一般的なブランド成長論など度外視しています。

私は、物を創る事しか出来ない人間です。

極論ですが、

そこにカスタの居場所があるようにも思えました。
【2009.04.27 Monday 00:27】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
もし、私が死んだらdeafbreedは、どうなる?

最近そんな事を考えさせられる事がありまして、こんな事を考えていました。


私が始めた事 私のデザイン 私のプロダクト 私が死んだら終焉を迎えます。
自然な成り行きです。
画家が死んだら、次は無いでしょ。


組織で行なうのであれば、引退という形で引き継がれるのでしょうが、
deafbreedは私なので、そういうわけにもいきません。
もし死んでから、
スタッフ『高橋さんなら、こ〜じゃないか?』
などと考えられて、新作がリリースされたら、私は成仏できません。
他人は他人です。


もし、組織で前振り無く死なれたらどうでしょう?
誰が何をしましょう?
流れる金をどうしましょう?
誰が彼になりましょう?

彼はソレを望んでいるのでしょうか?
何も解かりません。
前振りが無くてはね。


組織を踏まえて行動しているのでしたら、
繁栄の為 努力する事は一致しますがね。


肉親が仕事に携わっているのでしたら、話は違うのでしょうか?
でも、その関係すら計り知れません。
血が通っている2世と言えども他人だからね。
新作なんて出てくる日には、疑いの目が集中します。
売れる物は、売れる時期に
売れなくなったら、売れない物に


私は、そんな考えの元 スタッフと接しています。
私は、deafbreedで骨を埋めたいと思う人とは、絶対に仕事はしたくないです。
そんな大志の無い人間と毎日顔を合わすだけで、吐き気がします。
目標の為の ちょっとした通過点として使う人に利用してもらいたいのです。

【2009.04.25 Saturday 00:43】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<<back|<1234567>|next>>