本日から読み始めた本


いきなり 今の死亡原因の話が出てきます。

『意味の喪失』 だって・・・・・・・

なにやら今回も幸先悪いです。

【2012.03.15 Thursday 14:05】 author : motohiro takahashi | book |- |
この本・・・・・・・


読み終わったんだけど・・・・・・・


ジャケからして、不景気とかリストラの話かな〜 とか思っていたんですが、

時代背景が1970年代です。

もちろん高度成長な感じでして、


何が 『明日はわが身』 かと言いますと、

肝臓疾患の話でした・・・・・・



『蜆汁飲め!』 とかね・・・・・

【2012.02.18 Saturday 14:21】 author : motohiro takahashi | book |- |
book


原宿への出勤電車で読み始めました。

内容とはそれますが、

明治時代の平均寿命って、42歳なんだって・・・・・・

そして、この本が書かれた1975年の平均寿命は、72歳。

一世紀も経たない内に、寿命が30年も延びている・・・・・・




ま〜 その話じゃないんだけど、

42歳って思った時、

『やっぱり 40歳で隠居しようかな?』 と考えてしまいます。

ビジネスコントロールは完璧にしてね。




沖縄にでもね。

セカンドライフです。

20歳くらいから こんな仕事しているので、ちょうど20年!




言い方変えれば、リタイヤ組とでも言いましょうか・・・・・・・

今の頭さえあれば、何処でも生きていけるような気がします。

【2012.02.05 Sunday 18:31】 author : motohiro takahashi | book |- |
book




『良いこと言うな〜』 と思う時は多々あるんですけど、

逆に言えば、自分に自信が無い人間が読むべき本だと思いました。

何か 読んでるうちに 自分が毒されているように感じてしまいます。




それも一つの情報

信じるか信じないかは自分次第?



ま〜 このブログもそういう側面もあるのですけれど、

思想の植え付け?

みたいなもんです。

【2012.01.31 Tuesday 01:32】 author : motohiro takahashi | book |- |
ありがとうございます





















【2012.01.30 Monday 14:37】 author : motohiro takahashi | book |- |
『いい人』をやめると楽になる


電車で読んでいたのですが、

コレ なかなか良いね。

何が良いかと言いますと、

色々な作品が抜粋されているんです。


色々と読んでいましたら、

『コレ良いな〜』 と思う文章の作品が全て一緒なんです。

『自分の顔 相手の顔』

これを買おう!

【2012.01.27 Friday 14:36】 author : motohiro takahashi | book |- |
漫画 親鸞


お借りしたのですが、

流石です・・・・・・

展開が早いです。


これだけ見たら サイコヤローです。



ヒシッ!

【2012.01.24 Tuesday 23:22】 author : motohiro takahashi | book |- |
親鸞


やはり 途中で終わってしまったので、



こちらで 続きを読みます。




でも 微妙にずれてるんだよね・・・・・・・

【2012.01.20 Friday 00:51】 author : motohiro takahashi | book |- |
親鸞


頂きました下巻も あと50ページを残すとこまできました。

でもね

まだ 親鸞34歳・・・・・・・

名前も まだ親鸞ではありません。

きっと これは生涯の話ではなく 途中までの話かな?



そして、内容と言いますと、

何やら 『とんち合戦』 みたいな話になってきました。



面白いんだけどね。



『浄土はあるのか?』 の問いに対して

34歳の親鸞 『見たこと無いから分からない』

【2012.01.18 Wednesday 23:23】 author : motohiro takahashi | book |- |
記事を読んでいたら、


ま〜 よくありがちな記事を発見!

内容は、

『嵐の海で、あなたの乗る10人乗りの救命ボートに11人目が乗り込もうとしたら、どうしますか?』



色々な国で調査した結果

自己犠牲 他人を突き落とす 何も出来ない  などなど・・・・・・



日本人はと言いますと、

『全員で沈む・・・・・・』

1人を助けるために 結局全員が死ぬ。

日本人だけだそうです。



記事の最後は、

『日本人はやさしいのか。たしかにやさしいように見えるかもしれないが、同調整に埋没しているうちは解決する力は生まれない』




自分の意見だけど、昨今の事柄に対しても言えることだと思う。

【2012.01.15 Sunday 14:42】 author : motohiro takahashi | book |- |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<<back|<12345>|next>>