<< 2009.3.2 | main | 湯西川 >>
利益率
夜中のドキュメント番組を見ていて思いました。

20代後半で、独立する人の話です。

利益率を極限まで落とす事により、事業を成り立たせる。

それにより、以外の時間が3時間とね。

それが、社会に勝つ得策とね・・・

思えません。

結果 私にしか出来ない事で勝負するべきではないかとね。

売れ線的な商材があっても、私達の商売範囲ではありません。

それは、大手がやるべきです。

私がやっても、売れ線的な価格と商材にはなりません。

生産システムがまったく違うのでね。

でも、それだけでは無い社会がある事も解かるよ。

次のステップを踏まえてやっているんでしょう。

今 勝負出来る事を、ただするだけだけだとね。

 
【2009.03.03 Tuesday 03:33】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
コメント
コメントする





 


CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE