<< deranged | main | dearanged >>
優越感

この言葉って、20代中期で捨てたんだよね


22歳で起業して

散々な扱いを受けました 〔ま〜今思えば 当たり前だね。ガキだったから社会の仕組みが分からなかったです〕

そして、売れたのです

初めは、今までコケにしてきた人達にヤンヤヤンヤしました

でもね

これって自分に対する負の連鎖だと思ったのです

何も進歩しない

『フザケンナ バカヤロー こんなマズイもん食えるか』 とか心にも無い事言ったり

言いたい事だけ言って

全員従って

札束置いて



でもね

これってオレがバカにされてる事だと気付いたのです

裸の大様ってヤツですね



それからは ハイエナ達とはオサラバして、本当の戦いが始まるのです

自分の進歩の為に自分を考え始めました



時期ってあるんだよね

悔しい時があればあるほど バネのように高く調子をこきます



それからは、ちゃんと考えるような努力をしています

でも あの時の軽率な自分を経験して 今は良かったな とも思います

だから

今の考えが

今があるのです

【2011.03.16 Wednesday 02:18】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
コメント
コメントする





 


CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE