<< 原型を創っていると | main | a work >>
夢の中での意識 もしくは 眠ってた脳
僕は 夢の中で目を覚ます事ができます。

いやっ! ちょっとニュアンスが違うかな?

呼吸困難を冷静に開放しなくちゃ駄目なんだけどね。

そこは、自分の記憶の世界なんです。

いつの時代にも行けますが、その時代の自分ではなく 今の自分がいます。

別に 何かをやり直す訳でも無く、自分が忘れているであろう 自分の記憶の世界を散歩します。

でも、感情的になると起きてしまいます。
【2010.10.05 Tuesday 00:02】 author : motohiro takahashi | deranged |- |
コメント
古い夢で男の子を追いかけて廃墟の隠し扉を抜けて行くと違う時代に居た事があります。
そしてその通った道は植物が腐敗していて奇妙でした。
辿り着いた世界で会話は無いものの男の子と群れていたのですが、突然男の子の額が真っ赤に染まっていくと同時に意識がおかしくなって背後から引きずり戻されました。
引きずり戻されていくと元の腐敗していた道が死体の山になっていることに気付きました。

人間は感情的になった時ほど実は物事がリアルに映って見えているものなんでしょうか?
それを何かのせいにしようと無駄な知恵を働かせるうちに見失っているのかなと思える時があります。
【2010/10/05 10:18 PM】 くろ |
コメントする





 


CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE