<< music | main | book >>
狂った夜


自分の血の流れが解る。

世界が自分の中心に迫ってくる。

感覚が自分の上を越えていく。

核になる。

目は現実を見ていない。

心が活動の意味を見失っていく。

今にも崩れそうな内側。

夜は明日も来る。
【2005.09.13 Tuesday 00:51】 author : motohiro takahashi | deranged |trackbacks(0) |
コメント
いっそ透明人間になってみたら、観得ることが多いのかも知れません。
【2005/09/15 11:08 PM】 YRY |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://deafbreed.jugem.jp/trackback/14
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE